転職で年収アップはできる?個人の体験から考える(20代後半~30代前半が対象)

突然ですが、これまでの社会人生活で転職を考えられたことはありますか?この記事をお読みいただいているあなたは、転職を考えられている方だとは思います。でも、私の周りには転職する人がそんなに多くないのですよね。年収のこととかもあるのでしょうかね。

今回の記事はずばり「転職と年収アップ」の話について。あくまで私の体験を元にお話しします。20代後半~30代前半の方の転職活動には役立つ情報かもしれません。(30代後半以降の方の転職はまた事情が異なってくるかと思いますので)

スポンサーリンク

私の転職体験

私は27歳の時に転職をしました。正確に言えばその当時、転職活動自体は2回行っています。1度目は26歳の時。仕事を続けながら転職活動をしましたが、上手くいかず、半年の休憩期間を経たうえでもう一度転職活動をし、転職をすることになりました。中途採用の面接は新卒とは違って即戦力となる人材を選ぶ、というところから結構独特で苦戦もしました。

転職をしようと思った理由

元々1社目の会社に長くいるつもりはありませんでした。スタートアップの会社だったので。出来るだけ早く実力をつけて、もう少し大きな会社に転職したいと思っていました。

あとは、4~5年ほどいたのに年収が上がらなかったことも大きいです。何故なら途中から残業代がみなしになったから。正確に言うと、1年目に残業をしまくっていて、1年目の年収がおそらく高かったんだと思います。

更に、若くして部下を持つことになったのですが、自分自身に自信が持てない状態だったので、もう一度「Player」としてやり直したいと思ったのです。

転職活動1回目はうまくいかず

複数のエージェントさんに相談に乗っていただき、転職活動をしました。書類で落ちる会社もあれば、面接までしてくださる会社もありました。

ただ、面接で落ちまくっていました。異業種への転職をしたいと思っていたからです。正確に言うと、自分の仕事自体は大きく変わらないですが、会社の業種自体を変えようと思っていました。そこで、面接で自信のなさが出てしまったような気がします。

2回目の転職活動は大満足の結果に

2回目の転職活動をしようと思った直接のきっかけは、前職の事業方針の変更に賛同できなくなったからです。これは是が非でももう転職しなきゃ、とお尻に火が付いた瞬間でもありました。

ただ、前回同様に業界を絞らず、なおかつ自分の職歴が少しでも生かせるところ、という観点で転職活動を行いました。この時も複数のエージェントさんにお世話になりました。

この時はもう後に引けない思いで転職活動をしたこともありますが、タイミングもよかったのか複数の会社で最終面接までこぎつけることができました。

最終的に転職を決めた会社の判断の決め手としては、以下の3点かな。

  • 面接してくださった方と一緒に働きたいと思った
  • 大きな会社である(会社がつぶれることを心配する頻度が減りそう)
  • 年収が大幅に上がることが分かった(二桁%)

個人的には1番目と3番目の要素がとても大きかったです。エージェントの方々にも「年収が上がらない転職は厳しい」と伝えてありましたし。

転職で年収を上げることはできるのか?

個人の体験から言うと、「20代後半~30代前半の方の転職で年収UPはできなくはない」。でも、「厳しい。そして、その人の職歴・応募する会社の業界・職種にもよる」という結論になります。

実際のところ、私の場合も最終的に入社した会社以外で面接に進んだ会社のほとんどから「年収が下がる」という条件を出されていました。私が年齢の割にオーバースペックだから上げられない、という会社もあれば、業界の標準が低いところもあり様々な理由から。

でも、私は粘りました。絶対にあきらめなかった。年収が下がるなら転職しないと決めていたからです。少なくとも「年収がほぼ同じ」をキープしたかったのです。

転職で年収が上がるかもしれないポイント

私が思うところだと、

  • 業界研究  (年収が高い業界がどこか?エージェントの方に教えていただくとか)
  • 行きたい業界と自分のスキルがマッチするか見極める (全くの未経験だと年収UPは厳しいかも)
  • 面接対策は必須 (エージェントさんにお願いする)
  • いい条件の会社に出会うまで時間をある程度かける (私は転職活動を始めて半年~1年ほどかかっている計算になります)

なのかなぁと思っています。

もちろん、転職活動をするにあたり、

  • 関連業務の5年以上の職務経験 (3年じゃ厳しいかもしれません)
  • 前職での実績

を職務経歴書だけではなく面接で明確に伝えられるようになることも大事だとは思います。前職で明確な(数字的な)実績がなければ年収アップは難しいかもしれないです。

 

ただ、転職で年収をあげることだけが「成功かどうか」の物差しではないとは思います。年収(お給料)が仮に同じだったとしても、残業が少なくて済む、転勤がない、やりがいがある、とかいろんなメリットがある場合もありますので。

今の私も仮に転職をするなら「年収UP」だけではないところの側面(残業時間の長さとか)を重視するかもしれませんし。

 

以上、転職で年収(お給料)が上がるかどうかの考察をお届けしました。なお、私の体験は大勢の中の一つの意見ですので、参考程度にとどめておいてくだされば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする