(休みの最後の日が肝心) 連休明けの憂鬱を軽くする8個の方法

もうすぐゴールデンウィークが明けますね。もうGW終わるのか。。個人的にも社会復帰できるのだろうかと若干怪しいです。

連休明けに「やる気でない」「仕事行きたくないなぁ」とか「仕事休みたい」と思う人も早くも出始めたころでしょうか?

今回は私が連休明け(休み明け)に効果があるだろうと思う「連休明けの憂鬱(うつ)な気持ちを晴らす方法」を紹介したいと思います。若干荒療治なものも含まれるかも。。肝になるのは「連休最後の日の過ごし方」なんじゃないかと思っています。

というか、この話は多分「毎週月曜日の憂鬱(正しくは日曜日夕方、サザエさん症候群)」にも応用が効くかも。。

スポンサーリンク

連休(休み)の前の日の過ごし方

基本ルール:昼寝せずに早く寝る

昼寝をすると8割がた夜眠れなくなって憂うつが絶対晴れません・笑。過去に経験ありです。布団に入ってずーっと眠れずにネガティブなことばっかり考えていたことがあります。「あの仕事片付けなきゃー」とか「あの仕事終わってないから怒られる~」とか・笑。

昼間は家の掃除とか外出とか何でもいいので動いて、できる限り早く寝た方がいいです。私だったら10時には布団に入るかも・笑。

体力のある方向け:敢えて予定を詰め込む

敢えての方法です。休みの前の日に敢えて夜まで予定を入れておき、仕事のことを考えないようにすると良いかもしれません。

わたしは仕事のことを考えてうつになりそうなときは、たまに誰かと出かけたりします。

ただ、お酒を飲むと翌日つらいかもしれないので、スポーツをして体を動かして強制的に疲れて寝る・・・というのが一番理想な気がします。

体力に自信がない方向け:湯船にゆっくり浸かってリラックス

私だったら多分こうします(笑)。体力に自信がないので。。湯船にゆっくり浸かります。ぬるめのお湯に半身浴をします。iPadとかを持ち込んで読書とか、YouTubeなどの動画を見てリラックスするといいかもしれません。そうすると、よく眠れて翌朝がすっきりすると思います。

ワーカホリックな人向け(非推奨です):翌日以降の仕事の段取りを考える

これは最も薦めたくない方法ですが、連休明けにがっつり働くために、翌日以降の仕事の段取りを考えておくといいかもしれません。休みは休みで仕事のことを忘れて楽しんだ方がいい、という意見もありますけどね(私はそのタイプ)。

ただ、休み中にリラックスした時間のあるうちにやるべきことを整理しておくのは翌日以降の仕事の効率はもしかしたらあがるのかもしれないなぁ、と思ったり。

連休明けの翌日の過ごし方

敢えて早起きをして早めに出社する

特に首都圏の方向けですが、休み明けで個人的に一番堪えるのが「満員電車」。あれが憂鬱なのです。押しつぶされるしぶつかっても謝らない人多いし、降りようと思っても道をあけてくれないし。。

だったら、敢えて超早起きをして満員電車を避けて通勤するようにすればまだ憂鬱が晴れるような気がします。フレックスの方は敢えて遅れていく方法も考えたんですが、それだと帰宅が遅くなるので、早起きの方がいいかもなぁと思いました。

出社した自分をほめてあげる

これが最も大事かと思います。おそらく自分の席の周りのみんな憂鬱な中出社しています。仕事が楽しみで仕方がなかった・・・という人は多分まれでしょう。。

そんな中出社した自分をほめてあげてほしいです。女性ならランチの時にご褒美のデザートを豪華に食べるとか。

いきなりハイペースで仕事しない(優先順位をつける)

休み明けで仕事ががっつり溜まっているとは思います、みなさん。。でも、いきなりハイペースにやるとその週の後半で失速すると思います。

優先順位をつけてどうしてもその日にやらなきゃならないこと以外はやらなくてもいいんじゃないでしょうか?(無責任な気もしますけど。。)

きっとあなたの周りも言うほど仕事こなしませんよ。。

定時後の予定を入れておいて早く帰る

実は私は連休明けの日、飲みに行くことが多いです。笑。そんなに集中力が続かないことと、飲みに行こうという「にんじん」的なものをぶら下げないとモチベーションが保てない(あがらない)からです。笑。飲みすぎないように気をつけていますが。。

実際、昔の職場の人たち(男性の先輩たち)も連休明けに飲みに行く人多かった気がします。「連休の家族サービス疲れを癒す」とかなんとか理由をつけて・笑。

別に飲みに行かなくとも、家に帰って映画を見る(レンタルとかNetflixとかAmazonビデオとか)、ヨガとかネイルとかジムとかに行く、家族サービスをする、でも何でもいいので楽しめる予定を何か入れておくといいように思います。

 

以上、連休明けの(特に年末年始、お盆、ゴールデンウイークなどの大型連休明けの)最終日に憂鬱な気持ちが少しでも晴れるといいなと思ってまとめてみました。私も書き出してみて「これなら憂鬱な気持ちを乗り越えられそう」と思ったので、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする